たまに空虚で

 

とても空しくなる夜がある

 

なにがたのしいのかわからなくなる